入院のご案内

平成31年度 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

1. 年齢階級別退院患者数

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

5. 脳梗塞の患者数など

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


入院のご案内

(10以下の数は、「-」の表示となります)

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 1 12 8 28 57 128 273 528 337 81

<解説>
当院では7診療科で入院診療にあたらせていただいております。
この指標では、平成30年4月から平成31年3月までの間に、退院された患者様の数を年齢区分ごとに0歳から90歳超えまで10の区分に分けて集計しております。
60歳以上の患者様が全体の8割を超えているのは、脊椎疾患や高齢者に多い関節の変形などの疾患が多いことが要因です。 当院ではこれら疾患の手術を積極的に行っており、それによる患者の割合が多くなっております。

>>項目の選択へ戻る

入院のご案内


■内科  診療科コード 010 
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(自院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030250x
x991xxx
睡眠時無呼吸 13 2.00 2.03 0% 69.23歳
100070x
x99x010
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 11 10.45 11.68 0% 73.55歳
0400801
499x013
肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)
050080x
x99000x
弁膜症(連合弁膜症を含む)

内科では、睡眠時に呼吸が停止する疾患に対しての検査目的での入院が最も多くを占めています。
次いで2型糖尿病の入院とは、主に血糖コントロール(患者への指導を兼ねた教育的入院)が占めています。


■リウマチ科  診療科コード 090 
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(自院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070470x
x99x5xx
関節リウマチ 18 2.00 2.69 0% 60.61歳
070470x
x99x0xx
関節リウマチ
080010x
xxx0xxx
膿皮症
060130x
x99000x
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)

リウマチ科では、リウマチ疾患に対する化学療法(点滴薬剤によるもの)及びリウマチによる症状の悪化などによる入院が占めています。


■整形外科  診療科コード 120 
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(自院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
070230x
x01xxxx
膝関節症(変形性を含む) 198 19.84 23.56 11.11% 74.76歳
070343x
x97x0xx
脊柱管狭窄(脊椎症を含む)
腰部骨盤、不安定椎
92 17.82 16.54 6.52% 68.86歳
07040xx
x01xxx
股関節骨頭壊死
股関節症(変形性を含む)
88 21.24 21.53 9.09% 67.58歳
160690x
x99xx0x
胸椎
腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)
73 23.47 19.40 23.29% 82.85歳
070050x
x97xxxx
肩関節炎、肩の障害(その他) 43 23.19 22.91 0% 68.88歳

整形外科では、運動器の疾患全般に亘って広く治療を行っておりますが、高齢化時代を反映し、膝関節の変形に対する人工関節置換術患者が占めています。
次いで脊柱管狭窄とは、脊椎の変形等により神経が圧迫される症状に対して手術により改善を図るものが占めています。
股関節に関しましても、膝関節と同様に高齢者に多い、股関節変形等に対する人工関節置換術患者が占めています。
胸椎、腰椎以下の骨折損傷はこれも高齢者に多くみられる、転倒等による圧迫骨折の患者が主であります。
肩の疾患は、スボーツなどの外傷による腱板断裂や経年変化による肩関節の変形に対して手術等を行う患者が占めています。
当院では、これらの整形外科疾患に対する手術を積極的に行っており、他院からのご紹介も多くいただいております。


■循環器内科  診療科コード 350 
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(自院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050x
x02000x
狭心症、慢性虚血性心疾患 15 2.67 4.40 0% 68.8歳
050050x
x99100x
狭心症、慢性虚血性心疾患 10 2.40 3.01 0% 73.1歳
050050x
x99200x
狭心症、慢性虚血性心疾患 10 2.60 3.15 0% 73.8歳
050030x
x97000x
急性心筋梗塞(続発性合併症を含む)、再発性心筋梗塞
050210x
x97000x
徐脈性不整脈

循環器内科で最も多い疾患は、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患です。これは心臓の血管である冠動脈に動脈硬化が発生したために起こります。
治療としては、狭くなった冠動脈や閉塞した冠動脈を再度拡張して血流を戻すカテーテル手術を実施しております。また高齢化や生活習慣などにより心不全が増加しており、その原因を調べるためのカテ-テル検査も行っています。


■消化器内科  診療科コード 500 
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(自院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060100x
x01xx0x
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 43 2.23 2.63 0% 68.4歳
060102x
x99xxxx
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
060100x
x01xx1x
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)
0400801
299x000
肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満)
060380x
xxxx0xx
ウイルス性腸炎

消化器内科では、内視鏡を用いて早期の消化管腫瘍(主に大腸ポリ-プ)の治療を行っています。


<解説>
 DPCでは入院患者様の情報が病気と治療方法(手術や処置)によって数千種類の診断群に分類されます。ここでは診療科ごとに症例数の上位5つの診断群分類について集計しております。
 なお症例数が10以下の場合は、-表示としております。指標にあるそれぞれの項目の解説は下記の通りです。
 

 ・DPCコ-ド
  診断群分類を表すコ-ドです。14桁の数字で構成され疾患と治療方法(手術や処置など)
  の組み合わせにより分類されておりますので、同じ疾患でも治療内容が異なればDPCコ-
  ドも異なります。
 ・名称
  疾患の総称です。
 ・患者数
  該当するDPCコ-ドの患者数です。
 ・平均在院日数(自院)
  当院に入院していた日数(在院日数)の平均値です。
 ・平均在院日数(全国)
  厚生労働省より公表されている令和1年度の全国の入院していた日数(在院日数)の平均値
  です。
 ・転院率
  該当する症例数のうち、当院から他の病院等に転院された患者様の割合です。
 ・平均年齢
  該当する症例の患者様の平均年齢です
 ・患者用パス
  ある疾患の検査や治療ごとにスケジュ-ルを作成しており、これを利用して医療の内容を標
  準化したものです。
  これをクリティカルパスと呼んでいます。


 >>項目の選択へ戻る

入院のご案内


(10以下の数は、「-」の表示となります)

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
大腸癌
乳癌
肺癌
肝癌

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い

 現在、日本で最も罹患率の高い5つの癌の病期(Stege)ごとの症例数を集計したものです。
 stageとは、癌の進行状態を示すものであり、Ⅰ~不明の5つに分類されます。Ⅰに近いほど癌が
 小さくとどまっている状態であり、Ⅵに近いほど癌が拡がっている状態となります。
 当院では癌患者様の治療入院は、10人以下のため記載しておりません。

 >>項目の選択へ戻る

 

入院のご案内


(10以下の数は、「-」の表示となります)

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽傷 5 6.40 54.6
中等症 26 14.88 74.62
重症 18 15.22 83.67
超重症 1 19.00 100
不明 0 0 0

<解説>
成人の市中肺炎(普段の社会生活の中でかかる肺炎のことをいいます)に係る重症度別に
集計したものです。この集計での成人とは15歳以上の患者様を指します。
・重症度とは市中肺炎ガイドラインによる重度分類システム(A-DROP)により分類して
 おります。これは下記の項目に該当するかどうかで重症度が決定されます。
  
   1.年齢 (男性:70歳以上 女性:75歳以上)
   2.BUN21mg/dl 以上もしくは脱水
   3.Sp02 (酸素飽和度) 90%以上 (Pa02Torr60以下)
   4.意識障害
   5.血圧 (収縮期) 90mmHg以下

    ※ 5点満点で1項目該当すれば1点、以後 該当項目ごとに加点します。

   軽 傷:0点の場合
   中等症:1~2点の場合
   重 症:3点の場合
   超重症:4~5点の場合 ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
   不 明:重症度の各因子が1つでも不明の場合

 当院では中等度の状態の肺炎患者が多く占めており、やはり高齢者の罹患が非常に多いものと
 なっております。

 >>項目の選択へ戻る

 

入院のご案内


(10以下の数は、「-」の表示となります)

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他

<解説>
ここでは脳梗塞に関する項目を表しております。

 ・「ICD10」とは、国際疾病分類(ICD-10)に基づいて設定された傷病名ごとの番号
  をいいます。
 ・傷病名は、ICDがI63$である症例を集計したものです。
 ・平均在院日数はそれぞれの患者様の入院日数を合計し患者数で割ったものです。
 ・転院率とは、該当する症例数の内、当院から他の病院へ転院することになった患者様
  の割合です。  

 当院では脳梗塞疾患患数は10名以下であるため、表記しておりません。なお、重度の脳血管
 疾患が発生した場合は、関連病院と連携をとって迅速な対応を行っております。

 >>項目の選択へ戻る

 

入院のご案内


■整形外科  診療科コード 120 
Kコード DPC名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(肩・股・膝) 312 1.37 17.88 9.62% 72.75歳
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 87 1.74 15.18 5.75% 68.53歳
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 53 1.04 20.64 0% 66歳
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 38 1.00 6.79 0% 54.16歳
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方推体固定) 35 1.86 14.71 0% 65.57歳

整形外科で最も多く行われている手術は人工関節置換術です。肩関節、股関節、膝関節などの変形性関節症や関節リウマチなどの原因により、痛みが続く場合に行われます。術後はリハビリを積極的に行い、約9割は自宅へ、1割程度が他院に転院してリハビリを続けられています。
K0821とは3部位の関節を合計したKコードであり、具体的には膝関節214件、股関節89件、肩関節9件となっています。
K1426とK1423は脊椎関係の手術であり、脊椎は術式によりKコードが多岐に亘っており、すべての脊椎関係の手術は合計すると318件になります。
K080-41は外傷等により肩関節靭帯を関節鏡使用下で縫合する手術です。
K069-3も上記と同様ですが膝関節に対する場合の手術です。


■循環器内科  診療科コード 350 

Kコード DPC名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 11 0.45 1.55 0% 67.64歳
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
K547 経皮的冠動脈粥腫切除術
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)

循環器内科で多い手術は、狭心症や急性心筋梗塞に対して行われるものです。これはカテーテルを使用して冠動脈の狭窄や閉塞に対してバルーンと呼ばれる風船を膨らまして行うものやステントと呼ばれる金属を挿入して血管を拡げて再開通させる治療です。
冠動脈に対する治療もKコードは多岐に亘っており、すべての循環器疾患に対して行われる治療を合計しますと49件になります。


■消化器内科  診療科コード 500 

Kコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(自院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリ-プ
粘膜切除術(長径2cm未満)
53 0.45 1.28 0% 70歳
K654 内視鏡的消化菅止血術
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術

消化器内科では、内視鏡による大腸ポリ-プ切除術が多く短時間での退院が可能です。


<解説>
 ここでは、診療科ごとの手術について症例数上位5つをKコ―ドごとに集計しております。
 (件数が10件以下のものはKコ-ドと名称のみ表示となっております)
  それぞれの項目の意味は下記の通りです。
 ・Kコ-ドとは、手術術式ごとに振り当てられたコ-ドのことをいいます。
 ・名称は、手術術式の正式な術名をいいます。
 ・平均術前日数とは、入院日から手術日までの日数の平均です。 (ただし手術日当日は
  含まれません)
 ・平均術後日数とは、手術日から退院日までの日数の平均です。 (ただし手術日当日は
  含まれません)
 ・転院率とは該当する症例数のうち、当院から他の病院へ転院した割合です。
 ・患者用パスとは、ある病気の検査や治療ごとのスケジュ-ル表(クリティカルパスとい
  います)を利用して医療の内容を標準化したものです。


 >>項目の選択へ戻る


入院のご案内


(10以下の数は、「-」の表示となります)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

<解説>
ここでは、次の4つの疾患を集計しており、それぞれの意味は下記の通りです。

・DPCは、14桁あるDPCコ-ドのうち、6桁の数字で集計しています。この6桁とは疾患名
 による分類を表しており、治療の方法は分類に関連しません。
・播種性血管内凝固症候群とは感染症などによって起こる全身性の重症な疾患です。
・敗血症とは感染症によって起こる全身性炎症反応の重症な疾患です。
・真菌症とはカビなどによる感染症をいいます。
・手術・処置等の合併症とは手術や処置などにより一定割合で発生してしまう病態です。
 合併症はどのような術式でも、また、どのような患者様でも一定の確率で起こり得るもの
 で、医療ミスとは異なるものです。
・入院契機
 DPCコ-ドにて分類される包括請求の対象となる疾患(DPC病名)とは別に入院契機とな
 った病気がそれぞれの患者様につけられてます。同一とは、ある病気の診療目的で入院し
 ていてその病気の治療を行ったということを表します。
 一方異なるとは、ある病気の診療目的で入院しましたが、併発もしくは入院中に発症
 した違う病気による治療が主となったものをいいます。
・発生率
  全入院患者様のうち、該当するDPCで発生した患者様の割合です。

 当院では、整形外科の手術が多く、それに伴う合併症(創部感染など)が主ですが、
 年間の症例数は10以下であります。


 >>項目の選択へ戻る

 

PAGETOP

Copyright (C) Kashiba Asahigaoka Hospital, All rights reserved.