診療科案内

麻酔科

ペインクリニックとは

「痛み」そのものを対象として治療を行う専門科のことです。当院で行う痛みの代表的な治療方法は、「神経ブロック」です。

「神経ブロック」とは、痛い場所や痛みの原因となる神経に、麻酔の薬(局所麻酔薬)と炎症や腫れをおさえる薬(少量のステロイドなど)を注射する治療です。麻酔の効き目で痛みが軽くなるだけでなく、痛む場所の血の流れが良くなり、固まった筋肉がゆるんで、痛みの原因である「炎症」が軽くなります。1回の麻酔効果は短い(せいぜい数時間)ですが、この注射を繰り返すと次第に炎症が軽くなり、痛みがすっかり良くなる場合もあります。
「神経ブロック」には、いろいろな方法がありますが、当院では、レントゲン透視装置や超音波(エコー)装置を使いながら、正確・安全に神経ブロックをおこなっています。
また、集中的に治療をおこなうことで、早期に痛みをやわらげて通常な日常生活に戻る為の短期入院もおこなっております。

なお、「痛み」といっても、胃潰瘍や虫垂炎などの内臓の病気による痛みや、脳出血など一刻を争う救急の病気による痛みは、担当する診療科が違います。また神経ブロック治療の対象となる痛みの患者様でも、内服している薬や、身体の状態によっては、神経ブロックをしない(できない)場合もありますし、注射が嫌いな患者様に無理に神経ブロックをすることもありません。

対象となる疾患一覧

  • 帯状疱疹(ヘルペス)による痛み
  • 頭痛(ただし、救急疾患は除く)
  • 顔面の痛み(三又神経痛など)
  • 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄による腰や足の痛み、首や腕の痛み)
  • 関節の痛み(膝・肩・股・手足の関節など)
  • 外傷後や手術後に長引く痛み
  • 膠原病や血管の病気による痛み(動脈閉そく症による手足の痛みなど)

ご持参頂くもの 《通常外来診察の時以外のもの

  • お薬手帳(または、現在飲んでいるすべての薬)
  • Ⅹ線・MRIなどの画像デ-タ(あれば助かるもの)
  • 最近の血液検査のデータ(あれば助かるもの)
  • 紹介状(あれば助かるもの)

PAGETOP

Copyright (C) Kashiba Asahigaoka Hospital, All rights reserved.